ドル円の予想と相場観!2020年4月13日編【私は初心者です】#1

4月13日ドル円相場予想

はじめに

FXを勉強してから2年+実際にトレードしてまだ1年の初心者トレーダーみのうです。

知ったつもりで話していますが、まだまだ間違うことが多いと思います。

みなさまにおかれましては、私の相場観に対してのご意見ご要望のご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

↑↑すでにテンパっています↑↑(;´Д`)

それでは4月13日の相場観をお伝えします。どーぞ!

お断り

これは個人のメモの役割を果たしている記事なので、トレードを助長するものではありません。

各テクニカルツールの使い時や考え方を参考にしていただけたら良いと思います。

したがって、トレードは自己責任でお願いします。

トレードで生じた損失は一切責任を取りません!

私のスタンス

FXの基本
  • 通貨:ドル円
  • スタイル:デイトレ~スイング
  • 現状;デモトレード※今週中にはリアルでやります🔥
  • 目標:利益よりも自分のトレードを説明できるようになること

ドル円の予想と相場観【日足】

4月13日の日足

まずは日足から観察。

3営業日続けて陰線。

日足で見るMACDでも0線を抜けそうな好タイミング。

第1章回答→ショート

ドル円の予想と相場観【4時間足】

4月13日の4時間足

4時間足では、「MACD」と「一目均衡表」と「ボリンジャーバンド」を使う。

MACD

MACD線とシグナル線の両方が下向き。

0線も更新して、どの通貨より先に下降トレンドを示唆しているのかもしれない。

小回答→ショート

一目均衡表

上雲になっている!!

しかし雲の厚さから、まだまだ上りはしないのではないか。

小回答→ショート

ボリンジャーバンド

3月9日に大きく動きまくっているため、全く使わなくなっていたボリバン。

最近になって、もみあいになってきたので、

いよいよ彼(ボリバン)の出番ではないかと出してみる。

ボリンジャーバンド

予想通り帯が狭くなっている段階↑↑↑

ということで、ボリバンを3シグマまで設定して

ブレイクのタイミングを見極めようと試みる…体制が整いました。

しかし、いつも思う。

ボリンジャーバンドの2シグマは

「95%の確率で戻る」のか「5%の確率をぶち破るくらい勢いがある」のか。

どちらで読めばよいのか。

それが転換点あることはわかるけど。

じゃあどうすればよいのか。

分からない。

小回答→ペンディング

第2章回答→ペンディング

ドル円の予想と相場観【30分足】

4月13日の30分足
30足ではローソク足だけ見ていこうと思います!←動物的直観で!

間近の9時間を眺めても、18本中10本で陰線の30分足が多い。

先週分を足したり、日計りだけで見たりしないといけないことはないんだろうけど…

第3章回答→ショート

今回のプラン

・ポジション:ショートで1万通貨
・ポジションメイク:108.054
・利食いターゲット:107.5(実際は107.650)
・利幅目標:40pips

まとめ

こんな感じで相場観とエントリーの判断材料を提示するのはいかかでしょうか?

気分的であり、動物的直観が作用しているところもありますが、

こちらとしては自分の頭の中の整理にとても良いと感じています。

こんな感じで進めてもよいでしょうか?

ご意見お待ちしております!

副業したそうな友達にもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です